転職体験記

みなさんから寄せられた転職体験記です。

  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20  

女性/25歳/鑑賞大好きっ子
転職で天職

以前は美容関係の仕事をしていたが、身内の勧誘などが嫌になり転職。
医療関係の受付に。元々人見知りだが人と関わるのが大好きだった私は毎日色々な人や顔見知りの方が出来るととてもたのしくなった。
給料はあまり変わらなかったがやりがいが何十倍もあった。
あなたと話すと元気が出るなどとても頼りにされた。

この転職体験記のURL

女性/41歳/アスカル
今の主人に会えました

私が転職したのは、前の主人が働くのが苦手な人で金銭的に大変だったので、私が正社員として働かなくてはいけないと思ったからです。
子供が2人いて、本当はまだ子供たちと一緒にいてあげたかったんですが私のそんな気持ちも知らない前の主人はあたしが働くことは当たり前だと思っていたようです。
別れる前は、私の給与を当てにした居ましたから、、、
そんな、価値観の違いから結局離婚する事になってしまいました。
時は経っていましたが、男の人と言うか人自体が信じられなくなっていた時、今の主人が移動してきました。
精神的にも病んでいたあたしも笑顔にし、心をあたためてくれる人でした。
子連れの私と再婚してくれ、とても幸せだった時に私のガンが発覚しました。まだ、住み始めたばかりの子供たちと主人を置いての入院は本当に心配だし、結婚してしまったことに申し訳なさも感じていましたが、そんな時主人は「俺と結婚して良かったなぁ、じゃなかったら子供たち2人きりになってたもんなぁ」と笑って言ってくれました。その時、心から転職した事に感謝しました。唯のプライベートな話しになってしまいスミマセン。

この転職体験記のURL

女性/48歳/まろん
時給820円!

820円の時給ならそれほど大変ではないと思って働いてみたら、これは1000円もらわないと合わない!ってくらい大変でした。
時給と大変さは、必ずしも比例するとは限らないと知りました。
週5日フルタイム働いても、保険で2万円引かれると10万円いかない月もありました。

この転職体験記のURL

女性/25歳/べっく
長く続けれる仕事を...

前職は工場で働いていました。男性の多い職場で、仕事を黙々とするようなところでした。次第にこの職場でこの先長く働き続けていけるのかと思い、思い切って転職を決意しました。今の職業は接客業です。女性が多い職場で毎日楽しく仕事をしています。給料は下がりましたが、自分に合った仕事を見つけることができてよかったです。

この転職体験記のURL

恋愛結婚の新しいカタチ「オーネット」

男性/40歳/りゅう
転職したけど

前職が外食産業で、労働時間がながく
きつかったので転職した。
公務員になって定時で帰れることを
期待したが。しかし、想像していたよりも
公務員はきつく、残業時間はあまり変わらなかった。

この転職体験記のURL

女性/43歳/花龍
どっちを選択か?

以前 医療関係で勤務していました。
女性が多い職場で、人間関係のトラブルに巻き込まれ、
心身共に疲れてしまい休職するまで、追い込まれてしまいました。

このままでいいのだろうか…?

給与は下がってしまったけど、思い切って転職をしました。
今の職場も女性が多いですが、みんな仲良しです。
会社がとってもアットホームです。

お金に変えられない大事な物を見つけました!!!

この転職体験記のURL

女性/30歳/ミドカゼ
願望が無いからそろ正解。

専門学校を卒業し、アパレル企業へ就職しました。入社一年後、店長職に就き約4年勤めました。自社が他社と吸収合併となり、転籍で一社員として新たにスタートをきりました。約1年後、会社のコンセプトやシフトについて行けず転職先を決める前に退職しました。この時点で25歳。周りの友人は結婚し子育て奮闘中でした。元々そこまで結婚に興味があったわけでもなく、願望も低い状況でした。ただ転職を考えたときに、出来れば同じような接客業で尚且つ、シフトや仕事内容を重視したくて結婚式場の職場をたまたま見つけ、今までにない働き方の受付係り(コンシェルジュ)のアルバイトを選びました。もちろん以前と比べお給料も半分以上の減額約10万円。なのでアルバイト2件の掛け持ちで働いてました。あわよくば、コンシェルジュから試験などを受けて正社員(ウェディングプランナー)を狙っていました。他人ではありますが、100件近くの披露宴を間近でみて、式のサポートをしていくうちに結婚にも興味が湧き始めたました。披露宴の費用だったりお客さまとの打合せ内容など、実際に結婚する人でなければ分からない、体験できない事を知れる良い環境だったと思います。新たな分野だったからこそ、先入観なく隅から隅までを学べた時間でした。アパレルと同じ接客業と言えども、お客さまへの気持ちの入れ方やサービス内容も違い、一言で「接客が得意です。」「長いこと接客をしてきました。」とはいえないなぁと実感しました。自分の働けるジャンルや得意分野を伸ばす、広げる為にも挑戦することは大事だと思いました。体力的にも、時間的にも若いからこそ幅広く経験できると思いました。

この転職体験記のURL

女性/25歳/みさみさ
何故同じ職業なのに地方と都市部の給料にこれ程差が!!

旦那の転勤を機に、首都圏で保育士として数年働きました。田舎から出てきた私達…田舎の保育士の給料は驚く程低かった為、転勤後の給料には満足でした。更に、私が勤めた園はボーナスも他と比べると頭一つ出る程高く、また保育士=サービス残業が多いイメージを、ここの園は払拭しようと、改善に努めとても働きやすい保育園でした。職場の環境も良い為活き活きと保育士の仕事を楽しみながら働く事ができました。
しかし、転勤が終了し田舎に帰ると保育士の友人のサービス残業の話しや求人を見てがっくし…。本来であればこの金額でこの悪条件の中働いていた私ですが、一度給料も環境も良い所で働いてしまうと、同じ、いや、それ以上に残業等でキツい環境で働くのに手取りは月5万近く落ちてしまう保育士として働く自信がなく結局地元での保育士として働く事を諦めてしまいました。仕事はやりがいだけではありません。同じ職業でもこんなにも給料が違ってしまうと綺麗事ばかりは言ってられませんでした。東京都知事は保育士の給料を上げると言っていますが、なぜ元々地方に比べて高い給料の東京ばかり…と、考えてしまうのでした…。

この転職体験記のURL

  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20  

このページのトップへ