おすすめ転職体験記

当サイトがピックアップした選りすぐりの転職体験記です。

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20  

男性/41歳/ぽぷたん
外資系商社から国内メーカーに

こんにちは、下記体験談書いてます。もともと国内専門商社に10年以上勤めてましたが、このご時世外資系にM&Aされ、気がついたら転職してないのに外資系商社マンになってました。親会社の意向ですが、やっぱり末端社員には何の連絡、相談もありません。(まー当たり前ですが)そこからさらに5年ほど勤めてみました。当初の予想よりも割と気楽だったのですが、徐々に外資系ルールが浸透、本国(アメリカ)のやり方にどうしても馴染めず、転職しました。(例えば経費削減のため国外への経理業務アウトソーシング。時差があり、効率悪い悪い。謎の成果報酬制度は誰も複雑怪奇な給与計算方法を理解できません。極め付け最悪は天井ありのインセンティブ制度でしょうか。事前にほぼ強制的に了承サインしてるのですが、なぜか毎月10%減額。達成した時は100%プラスα。赤字でもないのに減額って、懲罰でもない限り法律違反では?と今でも疑問。だれか訴えないかな)
成績悪くてもらえないのはともかく、担当業務次第なのに減額とかモチベーション下がりまくりでした。結果退職し、会社規模は小さくても日本メーカーに転職。なぜか年収微増、少人数なのでやりがい有り、で
今に至ります。

この転職体験記のURL

女性/56歳/108
ネームバリューはなくなったが、やりがいができた!

大手有名商社に営業事務として勤めていた。誰に話しても「いいところにお勤めね」と言われたが、仕事の内容は、あくまで営業の補助業務で、やりがいはなかった。

そこで、とある非営利団体団体に転職した。周りからは「もったいない」と言われたが、転職先ではある程度、責任のある仕事を任され、補助業務はほとんどなくなった。社会に貢献する喜びも味わえるようになった。

結局、非営利団体に30年以上勤め、人間関係の軋轢などもあり、良いことばかりではなかったが、「責任を持って働く」「社会に貢献する喜び」などを知ることができた。

非営利団体で、給与はそれほどでもなかったが、「福利厚生がしっかりしていた」「働く者の権利について考慮されており、使い捨てにはされなかった」などが、長続きした理由だと思う。

この転職体験記のURL

女性/24歳/りんご忍者
転職して人生が始まった!

前職は正社員で収入も、平均に比べて非常に良かったです。
(給料が良すぎて女性は婚期が遅れるとまで言われてました。)
しかし、私にとっては精神的に本当に辛い日々でした。
営業職のため毎日営業ノルマに追われて、
またクライアントにも追われて、
新人ながらも責任重大な職務を任されて神経がすり減っていました。
また、勤務時間は8:00〜20:30、家に帰ると21時を回り身体もクタクタ。
運転中は「このまま事故を起こせば働かなくていいのか。」
日曜日の夜には「会社がなくなってたらいいのに。」と祈る日々でした。
そんななか、意を決して退職を決意。
今は派遣社員として事務職の仕事をしています。
給料は5分の1ほどに減りましたが毎日本当に幸せです。
「仕事に行くのが辛くない」ということがこんなにも人生を豊かにするとは
思ってもみませんでした。
今は節約ですが辞めたことを後悔したことは一度もありません。

この転職体験記のURL

男性/32歳/単独登山未婚男子
ライフスタイルを見直すきっかけに

大学院へ進学・修了した年が丁度リーマンショックで内定切りが多発。
株価が下がりメーカーに内定できたとしても後で業績不振等で首切りに合いそうと、家庭でも削られない教育業界へ。
5年間、週1休み以下の生活でした。
30代を前に転職しようと活動。

何社回っても塾の講師なんて使えないと厳しい返事大変でした。

漸く決まった会社は超大手の契約社員。

2年間ハードルの高いノルマとたまたま当たったきつい上司で軽い鬱になりました。しかし、前職からすれば、土日祝休み。成績がしっかり反映されるボーナス。何より、厳しい上司できつかった、本当にきつかったけど「社会人」になれました。学校を卒業して「先生」と呼ばれるのは「医師」「教師」
私もちやほやされて会社内で育ちました。本当に常識が無かった。

みなさんは私の様な「塾講師」なんて特殊な業種じゃないはず。
給料が少し下がっても、暮らしやすい生活、人と過ごせるライフスタイル作りのよいきっかけになりました。

転職活動と入ってからは大変だけど、先を見据えましょう。

この転職体験記のURL

恋愛結婚の新しいカタチ「オーネット」

女性/27歳/いよよ
表面上みんな優しいけど、みんな黒い!?

歯科衛生士をしていて、歯医者から歯医者への転職でした。
すごく怒鳴る院長が嫌で前の職場を辞めて、優しい人の集まりな歯医者を探し転職しました。みんな穏やかで親切で良いところに転職できたと最初は思っていましたが、数ヶ月経った頃。一人の先輩から色々大丈夫?と言われ何のことだ?と思っていると、あの二人できてるから、たまに喧嘩したりして大変でしょう?と。
実は、勤務医の既婚Drと独身先輩ができていたのです。意識してみてみると仲よかったり喧嘩したり。Drは若い子が好きらしくその時私がまさかの一番年下。。。ただ優しく話してくれていると思っていたが、きっと私は次のターゲット候補だったのでしょう。ただただ優しいだけでなく不要なボディータッチも。私にその気はなかったが、それを見た先輩は嫉妬。私はどうでも良いことで先輩に注意されたりすることも増え、本当にめんどくさかった。
そこで、Drが私から離れて行くように当時の彼氏の話を頻繁にするようにしました。すごくイケメンだとか、年が近いと合うだとか(Drがかなり年上だったので)するとターゲットは他の人に移りました。(悪いけど、大成功)
そして、次のターゲットは恋愛経験が全くなかったみたいで年上Drにイチコロ。略奪成功!先輩はDrを奪われ、Drは奥さんと子供を捨てて若い彼女と結婚しました。
きっと、これからもこのDrは浮気するんだろうなあ。
私が、22歳で身近で起きた不倫の話でした。

この転職体験記のURL

女性/28歳/ちゃそ
群れたおばさん、恐いものなし。

アパレル関係に勤務していましたが、結婚と同時に退職。アパレルは好きだったけれど勤務体制が家庭との両立は難しいと考えた為、転職は接客業だが勤務体制が整っている所を希望。見つけたのは「家庭との両立可能!」「シフト週ごと可能」主婦には嬉しい条件!!
ここを受けるしかない!と思いさっそく面接を受け合格!この時一緒に面接を受けた全員がその場合格!この時点で、あれ?とおもうべきだったのかもしれません。人数を希望し、毎回募集がかかってるということは、常に人が足りない原因が何かあるのだという事に、、、。しっかりした業務体制と指導に張り切る私でしたが、1ヶ月という短い期間で見切りをつけました。この職場はおばさんモンスターの巣でした。柔軟な勤務体制なので、ベテランおばさんだらけ。おばさん達はここぞとばかりに、まるで家事の憂さ晴らしのように大学生や若い子を小さなミスで叱りつけ、ストックに呼びつけたり、聞こえるように悪口。自分達は接客業にも関わらずスッピン。理由は家事が忙しいから、との事。群れたおばさんのパワーはすごい、、、。若い子達は辞めていき、結局おばさんだらけ。この時、転職しようと考えたら、希望の場所を下見に行くべきだと学びました。

この転職体験記のURL

女性/41歳/アスカル
今の主人に会えました

私が転職したのは、前の主人が働くのが苦手な人で金銭的に大変だったので、私が正社員として働かなくてはいけないと思ったからです。
子供が2人いて、本当はまだ子供たちと一緒にいてあげたかったんですが私のそんな気持ちも知らない前の主人はあたしが働くことは当たり前だと思っていたようです。
別れる前は、私の給与を当てにした居ましたから、、、
そんな、価値観の違いから結局離婚する事になってしまいました。
時は経っていましたが、男の人と言うか人自体が信じられなくなっていた時、今の主人が移動してきました。
精神的にも病んでいたあたしも笑顔にし、心をあたためてくれる人でした。
子連れの私と再婚してくれ、とても幸せだった時に私のガンが発覚しました。まだ、住み始めたばかりの子供たちと主人を置いての入院は本当に心配だし、結婚してしまったことに申し訳なさも感じていましたが、そんな時主人は「俺と結婚して良かったなぁ、じゃなかったら子供たち2人きりになってたもんなぁ」と笑って言ってくれました。その時、心から転職した事に感謝しました。唯のプライベートな話しになってしまいスミマセン。

この転職体験記のURL

女性/25歳/みさみさ
何故同じ職業なのに地方と都市部の給料にこれ程差が!!

旦那の転勤を機に、首都圏で保育士として数年働きました。田舎から出てきた私達…田舎の保育士の給料は驚く程低かった為、転勤後の給料には満足でした。更に、私が勤めた園はボーナスも他と比べると頭一つ出る程高く、また保育士=サービス残業が多いイメージを、ここの園は払拭しようと、改善に努めとても働きやすい保育園でした。職場の環境も良い為活き活きと保育士の仕事を楽しみながら働く事ができました。
しかし、転勤が終了し田舎に帰ると保育士の友人のサービス残業の話しや求人を見てがっくし…。本来であればこの金額でこの悪条件の中働いていた私ですが、一度給料も環境も良い所で働いてしまうと、同じ、いや、それ以上に残業等でキツい環境で働くのに手取りは月5万近く落ちてしまう保育士として働く自信がなく結局地元での保育士として働く事を諦めてしまいました。仕事はやりがいだけではありません。同じ職業でもこんなにも給料が違ってしまうと綺麗事ばかりは言ってられませんでした。東京都知事は保育士の給料を上げると言っていますが、なぜ元々地方に比べて高い給料の東京ばかり…と、考えてしまうのでした…。

この転職体験記のURL

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20  

このページのトップへ